スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来期チ-ムの編成ができるのか

キックを頑張っている君たちは多分キックが好きで始めたのではないでしょう。

ただなんとなく親に進められたり、友達に誘われたり、お姉ちゃんたちに誘われたり、


始めると友達と同じ時間を過ごすのが楽しくて、練習して上手にキャッチできるように

なったら嬉しくて、上手に蹴られるようになったらうれしくて、褒められてうれしくて

試合に行くと同じようにキックを頑張っている子を見てそれ以上にうまくなりたいと

願って、そして練習して、

異学年の子とも知り合って、いろんな大人の人に出会って、君たちはキックを通して成長し

ています。



「うちの子はキックが好きだから」「野球が好きだから」

いえいえ

スポ-ツを始めるきっかけは先述したとおり多分に親や友達の影響があります。

「おおきくなったらキックは出来ないのだから、ソフトをやらせば良い」

という考えを口にする区の人もいると聞きます。

成る程、それも道理ですね。

将来、ソフトでオリンピックを目指す選手を作るのなら・・・

大阪市の子ども会の組織の中では大抵がキックとソフト、バスケットぐらいしか

選択肢はありません。

その中で何が悲しくて男の子に混ぜてソフトをさせる必要があるのか

女の子のソフトの組織というのは大阪市の子ども会組織では熟成していません。

(スポ少は知りませんが・・)

そこでの成長より今あるキックという組織の中で女の子同士が切磋したほうが

良いと思うのですが


そして5年生、6年生の君たちはお姉ちゃんたちがしてきたように同じ学校の子に

キックの楽しさを教える義務があります。

「うちら関係ない」ではないのです。

ただ与えられるだけではだめです。

いままで経験できた事を感謝する気持ちが多少あるなら返してくださいね。

今のままではキック存続の危機なのですから。

何が悲しくて曲りなりにも区子連優勝、ライオンズ優勝のチ-ムが

来期は部員不足に悩まされなければいけないのか。

このままでは優勝旗返還のみ・・って状態もありうるのですから・・

横堤の春体、秋体もなし・・って状態もありうるのですから・・


チ-ムの将来を君たちも考えてくださいね。


スポンサーサイト
カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
いらっしゃいませ
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。