スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪市地域団体への「運営費補助」廃止へ…

【政治】 「意味が分からない金」 橋下氏、大阪市地域団体への「運営費補助」廃止へ…


★<橋下徹氏>大阪市地域団体への「運営費補助」廃止へ

・大阪市長選に当選した大阪維新の会代表の橋下徹氏は29日、市が地域団体などに支出している「運営費補助」について、来年度から事業ごとに助成する「事業費補助」に改める方針を明らかにした。

支出先の事業を精査し、公費投入を続ける必要があるかどうかもチェックする。

歳出を削減する狙いがあり、市から運営費補助を受けている団体からは「解散しろということか」と警戒する声も出ている。

運営費補助とは、自治体が認めた団体の活動全体に対して支出される補助金のことで人件費に充てるなど団体が自由に使途を決めることができる。

一方、事業費補助は事業や行事ごとに支出する方法で人件費は含まれない。

このため、事業費補助の方が補助金額を縮減できるメリットがある。

市財政局によると、今年度予算ベースで市が支出している補助金は総額321億2400万円。

また、昨年度まで市地域振興会(町内会)に運営費補助を支出していたが、今年度から使途により裁量のある「交付金」に名目が変わり、4億3500万円が支出されている。

今後、橋下氏が見直しの対象にする可能性が高い。


橋下氏は当選後の27日の記者会見で「意味が分からない補助金がたくさん出ている」と市役所を批判。

補助金の見直しを行財政改革の手始めにしたい考えだ。

維新幹部も「大幅な支出抑制につなげたい」と意気込む。

地域振興会の幹部は毎日新聞の取材に「補助がなければ運営できない。予想はしていたが……」と困惑した様子だった。

続きを読む

スポンサーサイト
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
いらっしゃいませ
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。