FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンチじゃねえし!

1.大阪市、土曜授業導入へ 13年度以降の見通し
 大阪市の永井哲郎教育長は1日の市議会で、小・中学生の学力向上策として、市立学校で土曜日にも授業をする方針を明らかにした。

 大阪市教委によると、土曜授業を全市一律で導入するか、学校ごとに判断できるようにするかは今後検討するという。導入に向けた準備や市民への周知に一定期間が必要なため、開始は最速でも2013年度以降になる見通し。

 土曜日と日曜日を休みとする学校週5日制は2002年に完全実施された。一方で、学校教育法施行規則は「特別の必要」がある場合には土日に授業をすることを認めている。

2012年3月1日12時58分
http://www.asahi.com/national/update/0301/OSK201203010055.html




2.さて大阪での学校選択制は秋頃に区長の判断で決めるとの事ですが、公募区長が市長の意向を汲んだ学校選択制を導入するのは明々白々のことだろう。




杉並区、学校選択制廃止へ 「教育内容で選ばれず」

 東京都杉並区教委は、小中学校で実施している学校選択制を2016年度に廃止する方針を決めた。競争原理導入による学校活性化を目指したが、校舎の新しさなど、教育内容と関係ないことで学校が選ばれる傾向があるためという。

 学校選択制は、一定の地域内で、通いたい学校を自由に選べる制度。東京23区のうち19区が選択制を導入しているが、廃止方針を決めたのは杉並区が初めて。杉並区が導入から10年になるのを機に検証したところ、一部の学校に人気が集中したり、事実に基づかないうわさで希望者が激減したりするなどのデメリットが目立ってきたという。

 PTA役員や校長らを対象にしたアンケートでは、3分の2が「制度の廃止か見直しを」と回答した。東日本大震災を機に登下校時の安全を重視する保護者も増え、「選択制は地域と学校のつながりを希薄にするのでは」との問題意識も高まっているという。

2012年3月31日17時34分

http://www.asahi.com/national/update/0331/OSK201203310060.html


ちなみに杉並区の山田前区長と藤原氏は橋下市長の顧問ですが何か?

このような事案があったところで事は着々と進んでいくだろう。

試してみるのも良いかもしれない。それでダメだと分かれば直せばいい。

円周率が3.14ではなく3で教育されたときのように



だってみんなが選んだ市長なんだから示された方向には全力で走り、

失敗すればフォロ-すべきだろう。



学校選択制、良い部分も悪い部分もあると思うが、まず当事者が考えるべきだろう。

当事者でないオイラは勝手言うだけなのだがデメリットは



地域生活圏の分断が進み、地域社会の活力が低下する。

「いい学校」と「悪い学校」という序列を生み、子どもの世界に優越感や劣等感を持ち込む。

義務教育の根幹が揺らぐことになるという。




『越境入学しないさせない』みたいなチラシをもらった覚えもあるが当時、何が悪いのかまったく持ってわからなかった。

お金のあるおうちの子は電車に乗って私立の小学校に行ったりしている。

時すでに教育の根底は揺らいでいたのだろう。



3.地域活動協議会は、地域のみなさまが主体的に地域を運営し、地域活動の輪を広げるための仕組みです。

現在、立ち上げに取り組んでいる地域をご紹介します。
平成23年度は、モデル地域として4区7地域が、地域活動協議会の立ち上げに取り組んでいます。


http://www.city.osaka.lg.jp/shiseikaikakushitsu/page/0000125887.html




土曜授業の復活により子ども会で行われている土曜、日曜のキック・ソフトの練習は当然半減されるでしょう
学校選択制で基盤が揺らがないための地域活動協議会発足なのかもしれない。

学校選択制になったら子ども会のスポ-ツ活動はどうなるのだろうか?

例えば横堤小学校から榎本小学校、茨田南小学校に通う横堤地域の子どもがキックやソフトをしたいとなると
それは横堤の地域のチ-ムになるのか。

同じ学校に通うもの同士だが別のチ-ムでの対戦になったりしていくのだろう。

そう考えていくと、もうソコまで変革の波が押し寄せているような気がする。

まぁどうせ今期終わったら辞めていく人間は「今だけ騙してでも乗り切れば後は知ったこっちゃない。どうぞご自由に。」と投げ出せば事は簡単に済むのだがそうもいかず・・

相も変わらずひどい言い方なのだがそれが子ども会減少の一因だろう。

校下に約20もの町会があるのに子ども会に参加しているところが6町会とかひどい所になると1つの町会しか子ども会がないなんてところもある。

(ここで言う子ども会はあくまでも育成連合協議会、つまり大人の会であり、子ども主体の子ども会なんてついぞお見かけしたことがない)







横堤もそれに近い状態でとりあえず連合子ども会がとった打開策は


単位子ども会をつぶそうという町会には出向いて町会長との話し合い



そして子ども会のない町会には

最初の一年全て連合で面倒見ますよ。単位子ども会がないのだから単位行事は出来ないだろうけどキックやソフト、イベントには参加してもらって結構ですよ。


そして次に

1年振り返ってどうでしたか?同じ町会の子どもを通して親同士仲良くなりましたか?それなら子ども会発足してみませんか?

それでも町会に仲間がいなかった場合は

子どもはキック、ソフトがしたいのならお手伝いできる大人の方1名と連合参加費を下さい。それで一緒にやっていきましょう。


ってのがいままでの流れである。


そして今回の3つの事案は子ども会存続の危機ではなく、これこそチャンスなのだろう。


いまこそ「子どもは地域の宝!地域で子どもを育てよう!!」と語る方々の協力を仰がなければ!




そのために、まずしなければいけないこと





それは


プレゼン資料を用意することではなく、














『猫を被ることだろう』





とりあえず『にゃぁにゃぁ』いってみよう。










やることと目標は決まった。


後は........





投げ出して市子連に行こうかとおもう。


市民のためにうってでる!!!・・・・?


今がその時期だ!

○○ンピッ○誘致は任せた!







田中事務局さん、小さな声で突っ込んでくださいね。(笑)

お前は○○か!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

突っ込み!!

相変わらずダイレクトなコメですね(笑)

まさに、目の前に差し迫っている現状です!!

子ども会、PTAと重職をさせていただいている私としては・・・・・

この問題を解決せずに、両方とも辞めれないですよ!!

(辞めさせられるかも知れませんが・・・・)



しかしっ!!

とうとう口に出しましたね(笑)

市子連へようこそ!!(笑)




何かできそうなきがしてきました!!

No title

田中キック事務局sama

いやいや、ないし・・・

私が悪ぅございました。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
いらっしゃいませ
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。