スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

校庭開放委員会

12/13 中学校の校庭開放委員会がありました

地域には知らない人もとてもたくさんいらっしゃると思いますが今まで大阪市より事業委託金が年間18万円おりていたのです。使用方法は各学校でマチマチだったことだと思いますが今回市長の号令の下だれが見ても公平盛大なる使用目的以外での使用は禁止となりました。

つまり事業委託金は、本事業が円滑勝つ効果的に実施されるように執行していただくもので個々の利用団体への助成金や補助金ではないということを念頭において執行しなければいけません。

当然利用団体の備品購入費や消耗品費に当てることは許されません。

まぁもっともといえばもっともな話。   だと思うがそれならいっそそこに予算をつける必要があるのか甚だ疑問でもある。

鶴見12小学校5中学掛ける16万は272万。この予算を今回の話である、『適正』に使用できるのか?

....無理だろう。





連合に参加する単位子ども会は減る一方。

つまり収入は減る一方。

そして校庭開放委員会からの援助は見込めない。

そしてそして再来年には社会福祉協議会は地域活動協議会と名前を変えて今までどおり市から予算は出ず、これこれの事業をするから予算をつけてくれと大阪市に申請しないとお金は出ない。

これも当然な話で聞くところによると単位子ども会では会費はとるが事業をしないので各家庭に返却しているところもあると聞く。

おいらが単位代表をやっていた頃は「ふれあいイベントをやりたいのでお金下さい。」「遊びに連れて行くのでお金下さい。」と下さい魔人となり町会からお金をせびっていた。

話が横道にそれちゃいましたが

つまり地域活動協議会から子ども会に対しての予算は減るということだろう。

いやいやそれ以前に子ども会の形態自体変わることが予測される。



さぁどうやって子ども会の予算を増やして今以上に子ども達や大人たちを巻き込んでやっていこうか。




考えただけでワクワクしてオイラは、もしかしてウマとシカの見分けもつかない??


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

頭が痛い・・・・

この話・・・・・

どこかで聞かされた記憶が-・・・・(`・д´・ ;)ゴクリ

Ishida様お考えの通り子ども会の形態が大きく変わる可能性十分にありますよ-・・・・
;:il:il|;l|;il:i(-ω-`;)ll|l|il|;:il|!


ということは!!

各地域が個別にどんな動きが出来るのか・・・・

本気で取り組まないとその地域の子ども会は消えてなくなるのでは・・・・・(`・д´・ ;)ゴクリ

No title

ラインを引く石灰代も年間を通すと馬鹿にならないです。(汗

全員がキックやソフトに取り組んでいたら集めたお金で

全て出してもいいのですが

子ども会活動はキックとソフトだけではなく

さてどうしようかと思います。
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
いらっしゃいませ
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。