スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立ち位置でモノの見方は変わる

63f7a8fdf0ccd299f864.jpg

あなたはこれが何に見えますか?

大人と子どもで見え方が違うらしい。

おいらは答えを聞いても男女の絡み以外に何にも見えない。wara



たとえば友達が交通事故でなくなったとしよう。

あなたは当然悲しみますし、お葬式にも参列します。

事故現場にお花を添えて冥福を祈ります。

現場にはたくさんの花が添えられます。

たぶんあなたはそれで満足でしょう。


・・・現場近くの人の立場に立ちましょう。

事故があって悲しいと思うのは少しの間。

だってそれは知らない人の事故。

現場に添えられたたくさんのお花はやがて枯れます。

異臭を放ちだちます。

誰がかたずけるのでしょうか?

地域の心あるボランティアの方がかたずけるのでしょうか?

地域の方がお金を出してゴミ清掃会社に頼まなければいけな
いかもしれません。

遺族の方には申し訳ないですが迷惑な話でしょう。







何が言いたいかといえば

立ち位置でものの見方が変わるって事。





ボランティアで行事を企画したとき、自分の立ち位置を理解しないといけません。

キックやソフトの大会を企画したとき、あなたは運営側なのです。

自分のチームの試合を応援したいのは、よ~~~~く分りますが運営を
疎かにしたらいけません。


イベントを企画したらあなたは運営側なのです。

「自分はブースが忙しく遊べない。」

当たり前なのです。



イモ掘りを企画したらあなたは運営側なのです。

「安全管理やよその子の面倒を見て自分の子どもと一緒にいも掘りができひんかった。」

当たり前なのです。


ボランティアはやりたちものがやる団体なのですが
運営する方とそれに協力するもの、そして受けるものがいるって理解しなければ
運営は成り立ちません。


その中で価値観を見出すとその団体は今よりもっと素敵な団体になるかもしれません。


他人を変えることは出来なくても自分は変れるのです。



スポーツの指導者にも同じことが言えるのでしょう。

あなたの見えている景色と子どもたちが見えている景色は一緒なのでしょうか?


常に振り返らなければならないでしょうね。




そのためには・・


記録をつける習慣を身につけたいものです。

流される毎日。記録をつけることで振り返ることができます。


それが目標に近づく第一歩wara


当然仕事でも一緒。


かくいうおいらも記録は付けているのだがなかなか目標が遠い~~~ww







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
いらっしゃいませ
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。